« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の4件の記事

2012年6月30日 (土)

525円で、575km紀伊半島一周

とある週末、自由な時間が出来たのでリーフで遠出をすることに。

最近すっかり電気自動車(EV)の魅力に取り付かれてしまい、なるべく走行距離を稼ごうと紀伊半島一周しようと決めました。

まず出発前に、充電する場所や使用可能時間などを考慮して計画をたてます。

100km以上離れていて、走行可能距離内で充電スタンドを探していると、西名阪道の伊賀SA近くの日産ディーラーが24時間で使用できると判明。そこまでの距離、我家から125km。

これはラッキー、と言うことで土曜日深夜から出発することに。夜の九時からスタート。

P1050496_r

エコモードでの走行可能距離188km。伊賀までは行ける距離だが高速走行と、天理からの山越えが不安なので一般道優先で24号線で東へ向かうことに。

123.6km、二時間半かけて伊賀に到着。山もなんとか越えてアクセルワークを慎重に。まさか私が登板斜線を走るとは。(スピード大好きですcoldsweats01

P1050726_r

かなりぶれてますが、伊賀SA近くの日産ディーラーです。本当に24時間充電可能でした。

しかも無料。ありがたやhappy01 急速充電をすませ、お次は伊勢神宮へ。

P1050736_r

深夜に伊勢神宮内宮の駐車場に着きしばし仮眠。朝6時から参拝。

伊賀からは90km位走り、電池が半分減り走行可能距離85km。伊勢近郊の充電スタンドは、朝9時スタート。その時間まで待つか、この先の充電スタンドまで行くか?

この先の充電スタンドは、尾鷲。そこまで88km。ウーンangry

P1050745_r_2

行っちゃいました。尾鷲まで。走行可能距離0を通り越してバーが出現coldsweats02

結局伊賀から180kmほど。急速充電では80%までしか充電しないのでギリギリ、ドキドキ。

チャレンジャーでしょ。性格かなcoldsweats01

しかし、リーフで一般道を流す限りほぼ走行可能距離は走れるように。電気自動車の特製として、電費は平均速度に大きく左右されることが分かってきた。

平均速度が上がれば上がるほどに走行可能距離が短くなるなと。効率があまりにも良いので、純粋に物体の移動エネルギーに比例して走行距離が変動する乗り物なんだと。

こんなことを考えながら運転しているのが楽しくてしょうがない。必然的に安全運転になり、おまわりさんのお世話にもならなくなるしね。おもしろいぞ日産リーフsmile

P1050751_r

そして尾鷲から新宮でめはりずしを食べ、勝浦、湯川温泉内のゆりの山温泉に到着。

ここの温泉、最高に気持ち良いのです。湯温は低いのですが、長時間入浴しても疲れないばかりか、実も心も晴れ晴れします。すごくオススメの湯なんです。南紀に行かれる方はぜひ立ち寄ってください。他にはない湯加減を楽しめます。

さて、それからは串本の潮岬で充電し、さらに田辺で充電して帰路につきました。P1050759_r

P1050762_r

そして田辺からいえまで128km。我家に到着。今回の走行距離575km。充電にかかった費用、尾鷲で525円。あとの三箇所はすべて無料でした。

575km走りに走り、かかった費用525円。

これはもう笑ってしまうくらいにリーズナブル。

確かに車両価格が高額な車ですが、維持費は驚異的に安い。回生ブレーキを多様するので、ブレーキやタイヤにもやさしい。

本当に、環境にもやさしくて、財布にもやさしい。すばらしいです。でんき屋として、嫉妬してしまうぐらいです。家電メーカーさん電気自動車、真剣に開発してみては?

2012年6月27日 (水)

展示会のお知らせ

今週末、6月30日(土)7月1日(日)当店にて展示会が催されます。

電気自動車ニッサンリーフの試乗等も実施されますので、皆様ふるってお越し下さい。

2012年6月11日 (月)

松下公園を観光名所に

経営者の神様とも云える故・松下幸之助が、和歌山出身者ということをご存知でしたか?

その幸之助様の生家跡地が公園となっています。その名も松下公園。さらに、名前の由来にもなった一本松がまだ、現存しています。

P1050634_r

石碑の後ろの松の木(とはいえすでに枯れ木です。以前雷に打たれたようです。)がかろうじて残っています。

偉大な経営者残された公園のわりには、ほったらかし状態なんですよ。

P1050632_r

そこで、定期的にパナソニック店主の有志が集い清掃活動を実施しておるのです。

P1050640_r

わが子供たちも早起きしてがんばっていますよ。

P1050641_r

この公園は、出来て40年ぐらい経つのですがすでに障害者向けのトイレが完備されています。その出来栄えたるや、すばらしいでしょ。

カガミの傾斜といい、手すり、広さ、一般の公園としては当時大変斬新だったと思われます。

さすが、偉大な経営者。先見の明がすごいです。

P1050643_r

そんなこんなで、すっかりキレイになりました。最後に記念撮影。

家電業界も最近寂しい話題が多いですが、幸之助様、天国から応援しててくださいね。

2012年6月 1日 (金)

エアコンクリーニング、行ってきました。

今年もそろそろ暑くなってきました。

そうなると、エアコンクリーニングの依頼をよく受けるのです。

長い間使用していると、たまに黒い異物が飛んできたり。

P1050587_r

カバーを開けてみるとcoldsweats02そりゃ異物もとんでくるわな。

ところで、このエアコン風向きフラップがありません。じゃなくて、バラきましたwink

巷で実施しているエアコンクリーニングなんかは、カバーをはずして洗浄するのみ。

そんなの素人でもできます。でんき屋としては、完璧に洗浄したいもんです。

P1050588_r

さらに、基盤、ファンモーター、ファンとばらきます。

これらは、フラップとドレンパンと合わせて手洗いします。やはり水圧だけではキレイになりませんし、すぐにカビも発生しますからね。

P1050591_r

とはいえ、熱交換器は高圧洗浄します。これは、お馴染みの光景ですね。

P1050593_r

水圧だけで落ちない汚れはブラシでゴシゴシangry

P1050594_r

見てください。ピカピカでしょ。ここまで洗浄すれば、5年くらいは気持ちよく使用できますね。

簡単に実施するエアコンクリーニングなんかは、毎年薦められますよね。当店のクリーニング料金は高額ですが、結果的に快適に、長時間、使えますね。

P1050598_r

すべてのパーツを組み上げて、試運転。吹き出し口からは、透明感のあるすがすがしい空気がでてきます。ホンとに、新品同様ですよ。

ご興味のある方、料金など詳細は下記の連絡先まで。

       おかでんき岩出店    TEL0736-69-2175

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »