« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の3件の記事

2012年7月 1日 (日)

オール電化のお客様にエコキュートの点検

今日はエコキュートの洗浄と点検です!

専用の洗剤でキレイにします!

P1050448_r

まずは配管洗浄!
配管の中や浴槽フィルターが汚れているとセンサーに異常が出て、温度調節が出来なくなったり お湯のたまる時間が長くなったりします。

P1050449_r

手洗いでキレイに洗います!

P1050452_r 

次にエコキュートの点検。

P1050459_r

フィルターにホコリのような物がつまっていました。

ゴミが詰まったままだと水圧が弱くなってしまいます。

P1050463_r

こちらもキレイに!

P1050452_r_2

収縮してしまった断熱材、

P1050464_r

きっちり修復します。

P1050466_r

こちらも・・・

P1050467_r

ちゃんと補修。

むき出しのままだと配管がわれてしまう危険があります。

P1050470_r

最後は外観もキレイに掃除して完了です!

オール電化をしてくださったお客様に
出来るだけ長くエコキュートを使ってもらえるように
定期的に点検させていただきます!

初回点検は無料させてもらってます!

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

オール電化に興味がある方、是非お電話ください☆

0736-69-2175  おかでんき岩出店

073-423-5618  おかでんき本店

電気自動車の充電設備の工事

当店でも購入した日産リーフなんですが、最近近所の方も同じリーフをご購入されました。

当店に充電設備の設置依頼をしていただき、早速工事を実施したのです。

色々な充電設備がある中で、今回はカワムラ製の充電BOXを施工することに。

P1040903_r

地面に アンカー(ボルトを入れる為の下処理)を打ち込み

風などでも倒れないようにボルトでしっかり固定します。

P1040902_r

配線をすませて充電コードを接続して完了です!

P1040931_r

今回はタイマーも設置し、深夜電力をつかって充電出来る様に!

カワムラ純正のタイマーは高額なため、タイマーには100v配線器具を使い、あとはマグネットSWで制御することに。

地球にもお財布にも優しいですね☆

P1040933_r

以上、1日で配線及び設置工事完了です。

当店では、この他多様に電気自動車の活用方法を考えてますので。

電気自動車をお持ちのみなさん、電気自動車でお困りの事があれば

お気軽にご相談下さいね!

連絡先は おかでんき本店     0734-23-5618

       おかでんき岩出店    0736-69-2175

どうせ太陽光発電つけるなら

最近太陽光発電に興味をもたれてる方が増えています。

店主はじめ従業員たちも、色々な質問をお受けします。

当店の太陽光販売実績の殆んどが、既築住宅の屋根などに設置していただいています。

家を建ててから、すでに10年以上経過している家も多く、外壁のメンテナンスを考えている方がほとんどです。

1329955308151_r

そこで当社では、外壁塗装と伴に太陽光発電をはじめては、と提案させていただいてます。

パネルを屋根に載せる前にきっちり塗装しておくことと、太陽光パネルの設置工事に従い足場の確保が望ましいからです。

以上の二つの工事を同時にすることにより、足場代も節約できます。しかも、家外部の心配事もなくなり、安心で美観も良くなるのです。P1040935_r

特に外壁塗装をしないとお思いのかたは多いでしょうが、どこに頼んでよいか判らない方も多いでしょう。

当社では、地元の塗装会社と協力の下、安心で丁寧に施工さしていただいております。

先ずは塗料の選定。色々ある塗料から、最適な材料を打ち合わせの上で厳選しています。

それから施工も、ローラー、はけ塗りと定めています。吹き付けですと厚みが十分ではなくなりますので。

そして電気屋主導でありますので、塗り残しには、徹底的にこだわっています。

P1050780_r

よくあるのが、エアコン配管裏の塗り残しですね。エアコンを買い換えたら昔の壁の色が出現coldsweats02 せっかくの美観も台無しですよね。

当社では、塗装前に配管化粧カバーを撤去し、配管を浮かしておきます。

さらに

P1050777_r

こういった電力系メーターや外部に設置されているBOXなども浮かしておきます。

さらに

P1050778_r

外部に設置されている電装品すべて浮かせます。

今日は、ここまでの工事でしたので、これ以降はずいじアップしますね。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »